第9回
Friendship Competition


 今年で9回目を迎えた伊豆親善メジナ大会は4月21日西伊豆の伊浜に於いて10チーム66名を集めての開催となった。
 当日は北東風、水温17度と伊浜でのメジナ釣りにはうってつけであるが、ここ最近の伊豆半島は黒潮の影響で冷水塊があり水温低下に伴いメジナがほとんど顔を出さない状態が続いてる為、多少の不安の中でのスタートである。
 宝洋丸は丸島から、重吉丸は宇留井島から渡船を始め5時30分全員が渡礁し開始となった。
1回りして7時くらいに丸島付近を通ると丸島のハナレに乗った柿崎氏(関東グレ研)の竿が目一杯曲がっている。船を近づけて見ると何度も締めこんでおり大物のようだ。やり取りの末浮いてきたのはタモに入らないくらいの真鯛であり、見た目には70cmはある。
 さらに9時に見回るとメジナの型は少ないものの真鯛は黒島で鈴木氏(T・NOBU)が2枚。丸島でも藤瀬氏(関東グレ研)が46cmを上げており真鯛の数は相当上がっている。
 10時頃、宇留井島付近を通過するとワタリで桜井秀樹氏(FTサバル)がやり取りの真っ最中。船を裏側から付け様子を見ていると何度も締めこんだあと顔を見せたのは40cmのサンノジであった。状況を聞くと43cmを頭に既に2枚上げており、隣で竿を出している剱持氏(元町磯)も35cmサイズを2枚の釣り上げていた。何とかメジナの顔を見れて一安心である。
 12時30分大会終了。港に2船が戻り検量開始。船で見回った時を大幅に上回る数である。さすがに腕自慢が揃っているなぁと感心させえられる大会である。また、検量後には抽選会が行なわれディズニーパスポート券など豪華賞品が全員に贈られた。そして第9回大会は幕を閉じた。


(写真・文 小山秀樹)

桜井(秀)氏43.5cm
剱持理事33.5cm

結果
順  位 名前 クラブ名 全  長
優 勝 山本氏 FTサバル 44.7cm
準優勝 桜井(秀)氏 FTサバル 43.5cm
第3位 友森氏 関東グレ研 37.5cm
他魚大物賞 柿崎氏 関東グレ研 73.5cm(真鯛)
他魚小物賞 新岡氏 FTサバル 14.2cm(メバル)


参加者全員で記念撮影

今回の賞品