「小山副会長9月2日のレポート」
場 所 妻良・サメノリ
潮回り  
竿・リール 竿:ダイコープレシオ1号。  リール:リョービザウバーVS1500LB-G
道糸・ハリス 道糸:ゴーセンストライプドフロートSRイエロー3号。ハリス:フロロファイターGP1.75号
渡船 五兵衛丸    0468(41)3188
エサ・釣況 エアリアル


 9月2日、戸塚の釣具店「エアリアル」の仲間10人と妻良に釣行した。
クジにより順番に渡船。私は3番目。サメノリの一番手前に2人で乗ることになった。
まだ薄暗い中、仕掛け作り。船頭の話ではコッパが多く釣りにならないとの事だったので、オキアミは潰さずに3枚9kg使用。配合は2袋。当初、2枚と配合なしでスタート。10分もするとコッパの群れというより真っ黒になる程のコッパである。
配合を混ぜて際用と沖のコマセ用と分けて使用。沖に砕いたオキアミ配合として手前は仕掛けをそぉ〜っと入れる為配合なし。そのままオキアミとする。釣りをスタートして30分、まだやや暗さが残る中、31cmのキーパーメジナ。それから10分同型をキープ。そのうち潮が反対に(上り)流れ、コマセ分けは一切通用せず、5〜15cmのメジナ、イスズミ
何でもかんでも目一杯である。それから約20分、明るくなったと同時にスズメバチの襲来。それも3匹。ずっと離れず1匹はオキアミのエサ箱に入ってしまうほど。何と1時間釣り中止。ここで刺されて死んだら最悪のハジさらし。
そのうち風が吹いてきたと同時にハチが離れて釣り再開。
しかし、真っ黒の雑魚だらけ。10時頃潮が変わり、下り潮の当り潮。又、配合入りを遠投し際にそぉ〜っと投入。2投目本日最大(?)の34.5cmの口太をキープ。その後やや大きめのが掛かるが、根に張り付かれパーである。
これからシーズン突入と共に40オーバーの数釣りが期待できると思われる。

当日の釣果

メジナ 5〜25cmメチャクチャ沢山
イズスミ       〃
メジナキープ 31cm2枚、34cm1枚
ボラ 50cm2枚
赤ハタ 25cm1枚
丸ハゲ 1枚