「古賀会員12月2日のレポート」
場 所 多賀・ワクジマ
潮回り  
竿・リール 竿:シマノ TwinPower Special 1.5号 
リール:ダイワトーナメントZ2500LBC
道糸・ハリス ライン:ダイワ 磯センサー PE1.5号
ハリス:サンライントルネードVハード1.75号〜 2号
渡船 笑夢良           0557(68)1722
エサ・釣況 小田原マリンターミナル 0465-29-0239


クラブの大石先輩に誘われて久しぶりの多賀釣行、去年の冬はかなり通いつめた磯だ。
湾内の奥まった磯が多いので潮通しがあまり良くないが、冬場は、口太メジナ・春先は、黒鯛のそこそこのサイズが狙える磯だ。
事実、「神楽」で48cmのメジナが2枚上がった現場に居合わせた事もあり、私自身も「二つ根先端」で40cmの口太を仕留めている。

多賀は、磯を指定して予約するので、行く前からその日の状況をある程度予測出来る。
また、日が暮れるまで釣りをさせてもらえるので、練習にはもってこいの磯だ。

今回「二つ根」を希望したが、「二つ根先端」、「二つ根シッポ」供に予約が入っているとの事、第二希望の「神楽ハナレ」も先約が居るとの事、そこで「ワクジマ」に渡る事になった。
「ワクジマ」に渡るのは初めてだが、春先は黒鯛狙いで「ワクジマ」に通い詰める人も居るほど黒鯛の実績がある磯だ。果たしてメジナ狙いはどうなのだろうか?

朝、3時頃出発して途中、小田原マリンで餌を仕入れて5時前には現地に着く。
熱海の隣で地理的にも近く、ユックリ出発しても余裕で間に合うもの魅力だ。
遅くまで出来る上、磯を予約出来るので、10時頃ノンビリ出勤して来る地元の釣り師も居る。

まだ薄暗い5時半に出船、「今日はアオリをやるお客さんが居るから早く渡す」そうだ。多賀は堤防でのアオリイカのエギングでも有名な釣り場だが、磯に渡る客がいるとは初耳だ。昨今のイカ釣りブームに乗って磯にも進出してきたのだろうか?
コッパを散らしてくれるイカの存在はかなり有益なので、あまり乱獲して欲しくないものである。

磯に渡ると満潮のせいかかなり狭い磯で沖向きの先端には1人が限界。沖に向かって右はかなり浅く左側はソコソコ深そうだが暗くてよく解らない。
しかし、地形から言ってせいぜい1本取れるかどうかだろう。

先端を大石さんに譲って、左側に釣り座を構える。
「プロ山本レギュラー0号」を完全誘導にして「Grex 宮川ナビ S-0 赤」をアタリウキにする。先に準備を済ませて仕掛けを入れていた大石さんに状況を聞くと「潮が動いていない。」との事。
とりあえず、棚を2ヒロ半から開始。この棚で根ガカリしない事を確認して潮を確認しながら状況を確認すると、確かに潮は動いていないがわずかに沖の方に流れる。
しばらくしてコマセが効いてくると、正面辺りで20cmの口太が釣れた。
しばらくそこで責めるが、棚が深いようで、餌が取られる事が多く、サイズもアップしない。
針には縞模様が・・・・フグだ。鋭い歯で針をかじるので、ピンクの塗装がスジ状に剥がれている。
棚を2ヒロ、1ヒロ半と浅くして細かいアタリを見ると、小メジナに混じって
「赤目フグ」、「キタマクラ」が釣れて来る。
フグの猛攻で釣りにならない程では無いので、正体を見た事で満足してとりあえずこいつらは無視。
メジナのスパッっと来るアタリで合わせると乗らない事が何回かあったのでここで針を「一発グレ6号」から「口太グレ 4号」にチェンジ、これで結構乗るようになったがサイズが揃ってしまっていて一向にサイズアップする気配は無い。

大石さんは順調に25cmクラスを上げている。「沖向きの方がサイズがいいのか?」
少し右側を狙うと根ガカリする場所を発見。その辺りを攻めると25cmクラスが釣れて来る。
少し25cmクラスと遊んだ所で「大石さん」が釣り座を譲って下さった。
先端に移動すると、結構な数の餌取りが見えるが分離しなければならない程の数ではない。
コマセを打つと毎度見かける「ハコフグ」がヨチヨチとコマセを追いかける様は、何ともユーモラスだ。

まっすぐ沖目の仕掛けを入れるとやはり25cmクラスがかかる。大石さんもこのクラスの数釣りをしていたが、やはりこちらもこのサイズで揃ってしまっているようだ。

昼頃になると風向きが北東に回り、いきなり強風を正面から受けるようになってしまって、釣りずらくなり、軽めの全誘導仕掛けだと風に押し戻される。
ここで、「プロ山本 3B」つり研の銀杏水中 -2B (誘導部1m)ハリスにG3のジンタンを打った仕掛けにチェンジ。何とか風に対抗するが、アタリを拾うのが難しい。

しばらくアタリが遠のいていた所に待望のアタリ。
ソコソコ重いので慎重に取り込む・・・・
どうも25cmクラスの引きに慣れすぎていたようだ。思ったより小さい。
それでも30cmはありそうなので、本日唯一のキープメジナをGet

2時頃に再度場所を交代してもう一度前の釣り座に戻る。
少し風が緩んで来た所で最初の全誘導仕掛けに戻して、探るとアタリは出るが
キーパーサイズに満たない。
薄暗くなるまで粘ったが、ついに30cmを超えるメジナが来る事はなかった。

釣果:30cm 口太メジナ 1枚(30cm未満リリース)