久里浜でのプライベート釣行

一昨日の11/3日曜日に久しぶりに久里浜堤防に行ってきました。
今回狙いはクロダイ。
夏より始めた練り餌でのクロダイ釣り、軟竿で細糸でのスリリングな釣りも面白いです。

そろそろメジナのシーズンも本格化しつつあるこの頃ですが、ストックしてあったクロダイ用配合餌も使わないといけない、という訳での釣行です。

当日朝、船着き場に着くと3連休の中日ともあって結構な人数、ちょうど永島さんもいらしていてそれでは一緒にと、5時半過ぎに出船、堤防根元側に渡りました。

準備整え堤防付け根より3個めのケーソンに並んで釣り開始、さすが潮通しの良い堤防とあって、周りでは次々とソーダカツオ、イナダの当たりが頻発。
渡った人たちは皆仕掛けもコマセもかなり遠投して釣っているようで、永島さんもさっそくソーダ、イナダと竿を曲げています。

ここ久里浜堤防は青物のほかに良型メジナ、ルアーでのスズキ、また投げ釣りでのカレイなども上がる場所ですが、私は今回狙いをクロダイに絞ってましたので、竿も仕掛けも細いのでなるべく青物が掛からないよう、(?)やってみました。しかしながら秋まだこの時分は水温も高めでエサ取りの活性が高いと思ってましたがエサ取りの反応が薄い。試しにオキアミで流してもしばしエサが残ってくる状況!

そのうち左側20m先にいた人が25pくらいのメジナ、40p位のクロダイをヒットさせてましたがその他は青物以外の反応はあまり無い模様。

私と言えば小カサゴを一匹釣っただけで午前中その他はアタリも無しといった状況でした。
午後の上げ潮に入り、沖からの押しつけ潮になって、私はこの堤防は3回目くらいで沖の根などの情報はありません。これでは堤防の底に3m位の張出しの際に止めておく作戦しかないな〜、とじっとコマセも広げて少し沖からを繰り返し同じことを・・・・ 。

そのうち右の永島さん、左の人もアタリが遠いので先端側に移動して行きました。
これはチャンス!と内心思いました。夏の福浦埋立地でも似たような事が良くあったので、周りのコマセに寄った魚が自分のコマセを注目してくれる・・・ 。

そのうちウキが若干シモり始め、穂先で聞き合わせのように合わせると竿の重みが動き出し、グワングワンと首ふりの様子が伝わってきます。ヤリトリは流行りの竿寝かせで・・(笑)。

まあまあの型と思ってましたが、タモ入れ直前で「これデカくない?」・・。

上げてみるとかなりの良型、居着きのクロダイでした。

あまり大きい型は考えてなかったのですが、まぁ、自己記録でもありますので、いちおう報告いたします。

永島さんも自分が掛けてちょうど前くらいにメジナ良型仕留めておられました。

大型のクロダイと言えばやはり春かな?と思ってましたが秋でも出るんですね〜。
またさすが久里浜堤防居るんですね、大型が〜。

横浜元町磯釣会